PSO2がNintendo Switchに対応

なんと、ファンタシースター・オンライン2(PSO2)が、Nintendo Switchに対応することが発表されました。しかも、アプリをダウンロード/インストールする必要のない、クラウドサービスとして登場です。

デモ動画を観る

デモの動画を見る限りでは、動作がスムーズで画質も良好ですね。

僕はこれまで、開始する手順の簡単さからVITA版でプレイすることが多かったのですが、最近の緊急クエストやバスタークエストでは少々動作が重くてハード的な限界を感じ始めていました。

パソコン版でプレイしたら問題ないのですが、なんとなくパスワードの入力と2段階認証が面倒なんですよねぇ。

そろそろVITAの後継機登場に期待するのを諦めて、PS4を購入しようかなぁなんて考え始めていた矢先のニュースで、ちょっと驚きました。

2018年にサービス開始予定とのことですが、サービス開始6周年のタイミングに近い3月か4月頃になるんでしょうかね。それまでにSwitch買わなきゃ。

クラウド版への期待

アップデートがあるたびに、VITA版だとデータのダウンロードにすごい時間がかかります。そもそも通信機能が貧弱で鈍重だからというのもありますが、数時間かかることも珍しくなく、一晩かかっても終わらないことなんかもありました。かなりイライラします。

Nintendo Switch版はゲームデータのダウンロードが不要ということなので、このイライラから解放されます。オンラインゲームがクラウドサービスでプレイできるというのは理想型の一つですよね。

おそらく、Switch本体側への演算の負荷はかなり小さなものになるんでしょうね。

今後さらに大型アップデートがあったり、コンピューターに負荷が大きくなるようなクエストが登場しても、何の心配もいらないというのは嬉しい。

クラウド版への不安

たくさんのプレイヤーが同時にアクセスしてゲームをプレイすることになった時、ゲームサーバーがその処理に耐えらるんでしょうか。

現状も、アクセス数が多いと予想される夜の時間帯には、大幅な遅延が生じたり、武器の変更操作ができなかったり、まともにプレイできないことも頻発しますよね。ゲームの処理そのものをサーバー側で提供して、本当に大丈夫なんでしょうか。

いつでも快適にプレイできるようになることを願います。

ちょっとした疑問

ゲームサーバーはSwitch専用になって、PCやPS4のユーザーとは一緒にプレイできないのでしょうか?

ゲームそのものをクラウドでサービスできるのであれば、スマートフォンやタブレットでも同様にサービス可能になるんじゃないでしょうか?コントローラーの快適性が問題になるかもしれませんが、ケーブルで接続するタイプの外付け型を使う設計にしても良いのでは。

それと同様に、パソコンやPS4向けにも、クラウド化すればアップデートの面倒などがなくなって良さそうですよね。いっそのこと全部そうすればいいのに。

ということは、Mac向けにもサービスできる可能性もあるんですかね。

色々と期待が膨らみます。

スポンサーリンク
当サイトではAdSenseを利用していますが、収益はサイトの運営やACの購入などに使われます。

フォローする