スタバでドリップコーヒーのススメ- 満足と安さの両立

starbucks-drip-coffee

スターバックスに行ったら何を注文しますか?僕の場合、出張の時にはドリップコーヒーを頼むことが多いです。ドリップコーヒーってスタバではマイナーなのではないかと思いますが、実は味と量の両方に満足して、安く飲めるコーヒーがスタバのドリップだと思うんです。

ドリップコーヒーを頼む理由

僕は休日とか普段は季節のおすすめ品とかラテとかフラペチーノとか頼みますが、出張や旅行で出かけている時にはドリップコーヒーが圧倒的に多いです。いろいろ総合的に考えると、スタバのドリップコーヒーが一番安くて満足感も高いから。

最近ではコンビニのコーヒーも美味しくなりましたよね。100円くらいで飲めるし。でも量が少ないと思うんです。

スタバでドリップコーヒーを頼むと、グランデとかたっぷり飲めるものを購入できます。

値段がTallで320円だしGrandeだと360円なので、コンビニと比べて高いような感じがしますが、量の違いを考えたら十分安いと思うんですよね。

100円でおかわりができる

意外に知られていないことなんですが、ドリップコーヒーは100円でおかわりができます。1杯目を購入したその日に限りますが、購入したお店とは別の日本中のどの店舗でも、ドリップコーヒーのレシートを店員さんに見せて「2杯目ください」と注文すると、100円+消費税で同じ量のドリップコーヒーを購入できるんです。少ない量のサイズに変更することも可。

しかも1杯目と2杯目でホットからアイスへの変更や、反対にアイスからホットへの変更もできるんです!

そして、+50円の追加で2杯目のドリップコーヒーにミスト(泡立てた牛乳)を加えてもらうこともOK。なんかお得なだけじゃなくて楽しいっ!

さらに、2杯目は同時に購入することもでる店舗が多いので、友人と二人で注文したらグランデサイズ2杯で460円ですよ!安いな〜。ただ、これはお店や店員さんによって対応が違っていて、2杯目の購入は並び直して購入するように言われることもあります。

ワンサイズ大きいカップで

もう一つ、紙カップでドリップコーヒーを注文した時に、「ワンサイズ大きいカップで」とお願いすると、普通の店員さんはにこやかに対応してくれます。

紙カップで購入すると、普通はカップに入る最大限の量のコーヒーを入れてくれますので、牛乳を足したい場合にはちょっと飲んでからじゃないと難しいですよね。そのまま出かけたい時なんかは困ります。

そこでワンサイズ大きいものにしてもらうと、コンディメントバー(蜂蜜とかココアパウダーとか、ちょっとしたカスタマイズができるところ)でささっと牛乳を足してそのまま出発できます。

店員さんによっては、大きいサイズのカップをお願いすると「牛乳を追加しますか?」と確認してくれて、手渡す時に牛乳を足した状態にしてくれる人もいます。これは本当にありがたい。

お試しあれ

朝、ホテルを出て用務先に向かう途中でスタバによって、ドリップコーヒーを購入。出先やホテルに戻る前に2杯目を購入。という使い方をすると、トータルのコストが安いのに大満足できます。

この方法なら、実はスタバって一番安いコーヒー屋さんといえますので、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

フォローする